« エヴァ新劇場版 劇場販売グッズ  | トップページ | 欲しいエヴァ劇場販売グッズがネットで買える! »

2007年9月 1日 (土曜日)

エヴァ新劇場版:序 観てきました(ネタバレ注意)

ネタバレ的要素がありますので、ご承知おきを!(それから文体変更しました)

109シネマズ佐野のシアター9で19時5分の回で観てきました(14時頃、ネット予約)。ほぼ中央の良席がとれラッキーでした。

ストーリーとしては、TVシリーズの第壱話「使徒襲来」から第六話「決戦!第三新東京市」までをほぼ時系列的に扱っています。表層的な部分では、ネルフやゼーレの意匠の変更や、ネルフ本部や第三新東京市の要塞都市としてのディテール、ラミエルの防御・反撃時における形態変化などが目に付きました。それと、リメイクや総集編によくある新カット部分のみ作画というのではなく全カットを新たに描き直した事は好感が持てました。ということでレイやシンジの顔がTVのように回によってぐにゃとなったりせず安堵した次第です。個人的には冬月副司令の出番が少なく寂しかったですが・・・。

さて、もちろん「おや」と思う部分もない事はありませんが、結論から言えば、期待した以上の出来映えだったという私見です。今作では、特にシンジの心の動きを丁寧に描くことに力点を置いていて、それがまずまず成功していたように思います。シンジの心の葛藤の先には当然のことながら、ゲンドウ、綾波、ミサトの3人がいます。この3人の中では特にミサトとの交流が新カットを中心にうまく描かれていたのではないでしょうか。また、クライマックスである(TVシリーズから好きだった)「笑えばいいと思うよ」の綾波とのシーンを始めとする、ヤシマ作戦のくだりは十分満足できる内容でしたよ。

ここで、エヴァといえば「謎解き」はお約束な訳ですが、意味深な台詞が最後に登場のカヲルの口から出ました。シンジのことを指していると思うのですが、たしか「君はまたサードなんだね」とつぶやくのです・・・。それと第3新東京市の光景が冒頭から「ジ・エンド・オブ・エヴァンゲリオン」のそれとかぶる感じがして・・・。大胆仮説ですが、もしかして、これって輪廻転生的に「まごころを君に」の続編じゃあるまいかと。その辺でまだ頭の整理ができてない自分です。

さあ、ここから本領発揮の劇場販売グッズに関するお話です。

悲しいかな、欲しいグッズはほぼ完売、それはいいとして初日からパンフレットを切らすな~・・・昔からエヴァは尋常じゃないんだから。地方の映画館は読みが甘過ぎ。初日にパンフを買えずに煮えくりかえっているのは自分一人ではないでしょう。109シネマズ佐野では、すぐ入荷しますと張り紙が出たが、後の祭りなんだよう。買えたグッズも前のコラムで書いた「買いたいグッズベスト5」の5位キーカバーだけだったよ。トホホ。

都内の上映館は、パンフもグッズも豊富なんだろうな。その辺知ってる方情報お待ちしてます。

|

« エヴァ新劇場版 劇場販売グッズ  | トップページ | 欲しいエヴァ劇場販売グッズがネットで買える! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

エヴァ グッズ」カテゴリの記事

エヴァ 新劇場版・旧劇場版」カテゴリの記事

エヴァ CD・DVD・BD」カテゴリの記事

コメント

都内も新宿バルト9ではパンフ・グッズ完売です。

新宿ミラノにはまだパンフありました。
(そちらで売ってもらいました。)

カオルくんの「今度こそ」わたしも気になりました。

次が楽しみですね。

投稿: gyow | 2009年6月29日 (月曜日) 午後 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65334/16312772

この記事へのトラックバック一覧です: エヴァ新劇場版:序 観てきました(ネタバレ注意):

« エヴァ新劇場版 劇場販売グッズ  | トップページ | 欲しいエヴァ劇場販売グッズがネットで買える! »